ドラッグスター250

ドラッグスター250の最高速度を理論的・現実的の2つの見方で紹介

ドラッグスター250のスピードメーターだけ見ると、160kmまで記載があるけど、こんなにスピードが出るのか?

最初に言っておくと、基本的には160kmをだすのはまず難しいです。
今回はドラッグスター250に最高速度を理論的・現実的の2つの見方で紹介してみたいと思います。

 

 

ドラッグスター250で160kmを出すのはちょっと厳しい。

まず結論から答えます。ドラッグスター250で160kmは厳しいです。

ノーマルならほぼ実現できない。マフラーなどカスタムしてもまず無理でしょう。

理論的に解説をしますと、ドラッグスター250の最大馬力を発揮する回転数は8000rpm。

これを5速ギア比をふまえて算出すると、最大馬力が発揮されるのは約130kmあたりになります。

また最大トルクが6000rpmでギア比をふまえて速度で表現すると、約95km程度になることから、95kmあたりの速度からスピードがやや出にくくなり、130kmを超えたあたりからは長い直線や風の抵抗との戦いをかなり要するようになっていきます。

この速度域はスピード違反対象にもなりますし、まったく推奨していませんが、長い長い直線があってやっと140kmあたりまでやっと出る程度というのが理論的な最高速度と考えます。

理論的な最高速度

ノーマルなら140kmがほぼ限界
(ただ普通に危ないです)

かなり長い直線があれば伏せ続けて走ることで140km以上もでるかもしれませんが、かなり危ないのでここは除外です。

 

 

ドラッグスター250の現実的な最高スピードは?

では引き続きドラッグスター250の現実的な最高スピードをお伝えすると120kmくらいです。

実際に乗っている250オーナーの方からすると、ここはけっこう意見も分かれると思います。

いやいや100km以上はもう出にくいよという方もいれば、いやいや130kmくらいまでは普通に余裕で出るよという方もいらっしゃると思います。

日頃から高速道路によく乗るとか、ストップアンドゴーメインの街中ばかりという方とか、サーキットで走るのがメインとか、スピードを出すのが苦手とかで乗っている方の感覚はかなり異なると思います。

もちろんバイクの状態によっても変わりますね。

なので、同じドラッグスター250でも微妙にスピードの出やすさや出る出ないは変わると思いますが、最大馬力8000rpm手前あたりの120kmくらいまでは、長い直線が続く高速道路であれば出るのではないかと思います。

ただこの120kmもあくまで最大スピードなだけなので普通に危ないです。ドラッグスター250はとくに軽い車体にプラスアルファしてサスもフワフワしているので、体重の軽い女性は120kmのスピード域になると普通に怖いと思います。
少し余裕をもってスピードの上がる感じもやや楽な110kmくらいまでが現実的な最高速スピードだと個人的には思います。

 

まとめと一言

ドラッグスター250
最高速度まとめ

  • 理論的⇒130km程度
  • 現実的⇒120km程度
  • やや余裕あり⇒110km程度

 

ノーマルのドラッグスター250の最高速度はだいたいこんな感じのイメージを持っておくといいと思います。

ネットの情報の中には遅いとか、原付に抜かれるという情報もありますが、私自身乗った感じとしては普通にはやいのが感想です。

400とか大型バイクのような、あふれるパワー感は正直ありませんが、スイスイスピードがでるので、加速する感覚としては速く感じます。

信号が青になった瞬間の原付クラスのフル加速スタートダッシュには一瞬負ける部分はあるかもしれませんが、そのスタートダッシュの後はさすが250ccクラスの貫禄もあってスッと抜いて、交通の流れをリードできるほどです。

100kmくらいまではけっこうスムーズに出ますので加速感よし、高速道路も90~100kmくらいでの巡行ならば長い距離でなければよしという感じです。
周りの速度が速めのバイパスや高速道路での追い越しについては、前の車両が遅いとき以外はおすすめしません。

以上、ドラッグスター250の最高速度についてでした。参考になればと思います。

 

よく読まれているドラッグスター400関連記事一覧

 

-ドラッグスター250

© 2020 ドラスタナビ【ドラッグスター専門情報サイト】