ドラッグスター250

ドラッグスター250にかかる年間維持費と400クラスとの費用比較

ドラッグスター250にかかる年間維持費と比較

このページではドラッグスター250にかかる年間維持費と、ドラッグスター400と比較してどのくらい維持費が安くて済むのかをお伝えしていきます。

250クラスの維持費

ドラッグスター250の維持費目安は、車検がいらない250ccクラスのバイクも基本同じような維持費なので、ドラッグスター250以外のバイクも参考に見ていただけると思います。

ドラッグスター250にかかる年間維持費用

それではまずドラッグスター250にかかる年間維持費用をお伝えしていきますね。

 

ドラッグスター250を維持するのに必要な1年間の維持費用は、

ドラッグスター250必須維持費用

  • 乗らずに所持だけなら3,600円。
  • 年に1回以上の乗るなら23,000円~88,000円+α

だいたいこのくらいの費用を見ておくといいと思いますす。

 

維持費金額差の解説

23000円と88000円と算出したこの維持費金額差の多くは任意保険代です。

年齢30歳以上で保険等級が最上級の20くらいで一番格安でいけるなら1年あたり15000円でいけます。

21歳未満でバイクや車に乗りたてだと約9万円近くの維持費がかかるとみておくとよいと思います。

※バイクに乗るなら任意保険だけは絶対に入りましょうね!
⇒任意保険に入ってないと、相手方のケガの補償(金額の上限が低いです。)・相手方の車両の補償・自分のケガの補償などがでません。

 

バイク年齢別の任意保険料の金額目安

この下の表は250cc以上のバイクにおける任意保険1年間の費用目安です。
料金(円)
年齢を問わず補償約80000
21歳以上補償約30000
26歳以上補償約25000
30歳以上補償約15000
だいたい新規で任意保険のバイク保険契約の費用はこれくらいです。

21歳以上になるまではかなり任意保険は高いです。

 

もっと細かい維持費の内訳が知りたい方は当サイトのドラッグスター400の維持費にてまとめていますのでそちらをご覧になっていただければと思います。

 

 

ざっとした目安ですが、ドラッグスター250の維持費いかがでしたでしょうか?

ここからは迷っている方も多い、ドラッグスター400維持費用の比較と、維持費用の金額まとめをお伝えしていきます。

 

ドラッグスター250と400の年間維持費を比較

ここでドラッグスター400とワンクラス小さいドラッグスター250のかかる維持費用を比較しておきたいと思います。

 

所持するだけの維持費

軽自動車税

  • ドラッグスター400・・・6000円
  • ドラッグスター250・・・3600円

 

軽自動車税は所持だけでも必要な費用です。

 

ドラッグスター250の方が1年あたり2400円軽自動車税は安い。

 

 

時々~通勤などよく乗る時の維持費

ドラッグスター400ドラッグスター250
軽自動車税6000円3600円
車検費用1年あたり25000円
(ユーザー車検なら10000円)
0円
任意保険15000~80000円
ガソリン代燃費:L=20km燃費:L=30km
オイル交換最低でも年に1回は交換
ツーリング代0円~

 

ドラッグスター250と400を比較した時に大きな差になるのは車検と燃費

ドラッグスター400とドラッグスター250を比較したときに大きな違いとなるのは、「車検費用の有無」「燃費の良さ」の2点です。

車検費用については1年あたり25000円が必要となり、燃費についてはリッター10km近く違うので、走る距離が増えれば増えるほど大きな差になってきます。

 

ドラッグスター250は車検費用がない・軽自動車税が安い・燃費がいい。
走る距離が同じだったら、お店で整備する方で仮定して年間3万円くらい安く過ごせる感じです。

 

まとめ

ドラッグスター250の年間維持費用と、ドラッグスター400との維持費比較をしてきました。 最後にまとめておきます。

まとめ

ドラッグスター250は400より燃費がよく車検費用がいらない。
よってドラッグスター250は1年あたり25000円の車検代(2年で5万)がうくのと、燃費よく走ることができる。

  • 持っているだけなら軽自動車税の3600円が必須
  • 少しでも乗るなら2万~9万円程度の費用がいる
    (軽自動車税・車検・任意保険・ガゾリン代・オイル代)
    21歳までなら最低年間9万円くらい。
    21歳以上なら最低年間4万円くらい。
    30歳以上なら最低年間2万円くらい。

 

1年あたり2~3万円節約したいなら250の方がいい

どれくらい愛車に乗るかによってバイクの消耗度合いも違うので何とも言えませんが、車検と軽自動車税をベースに考えると1年あたり2~3万円くらいがドラッグスター250とドラッグスター400の固定費として差が生まれます。

2つを使い分けるイメージ

  • 中型免許内で多少お金をかけてでもツーリングや普段乗りでパワー感を味わいながら楽しく走りたいならドラッグスター400。
  • かかるお金を極力減らして、パワー感(トルク)を味わうよりかはキビキビ走りたいならドラッグスター250。

バイクの乗り味・ルックス・ハンドリングなど、正直見るところはすごくいっぱいありますが、個人的には上の2つざっくりとしたドラッグスターの使い分けイメージです。
ドラッグスター250・ドラッグスター400どちらも乗りやすくかっこいいバイクなので、かかる費用・自分の体格なんかで選んでもいいかもしれません。

 

以上、ドラッグスター250の維持費についての解説でした。ぜひ今後の参考にしてみてくださいね!

 

当サイトでは、このような感じでドラッグスター400をはじめとするドラッグスターシリーズの情報を幅広く扱っています。ドラッグスターで気になることが参考にどうぞご覧ください。

 

引き続きよく見られている記事

-ドラッグスター250

© 2020 ドラスタナビ【ドラッグスター専門情報サイト】