売却時のQ&A

ノーマルパーツを持っていた方がバイクは高く売れる理由を解説

バイクを売るときにはノーマルパーツを持っていた方が高く売れるというのはよくある話ですが、あくまで純正部品をもっていることにより高く売れるだけであって、改造する前のノーマルパーツがなくたって普通に売ることはできます。

 

 

そもそも、なぜノーマルパーツがあったほうが高く売れるの?

「ノーマルはクセがついていないので高く売れる」

改造しても純正部品を残していた方がなぜ高く売れるのか?

 

その理由は、バイク自体がノーマルもしくはノーマルパーツがあることによって、次にバイクを手にする人の買い手を限定しなくて済むからです。

 

ノーマルの状態がいちばんそのバイクの初期状態であり、バイクの癖・こだわりが染みついてない状態になります。

 

改造すればするほど個人としての癖・こだわりが強いものになってしまうので、そのバイクのカスタムの状態が好きでないと次にそのバイクを見る人が買わないようになってしまいます。

 

かんたんに言えばバイクの一番ニーズのあるのを大きく見たときに、純正が一番欲しいと思っている人が多いと考えていいと思います。

 

ノーマルパーツがない場合、手に入れてから売った方が高く売れるの?

「わざわざ集める必要はない」

カスタムを一通りしてしまっていてノーマルパーツがまったくない場合、オークションや中古のパーツショップなどでノーマルパーツを手に入れておいた方がいいか?

 

これについては、わざわざそこまでしてノーマルパーツを手に入れておく必要はないと思います。

 

無いよりはあったほうが当然いいのはいいのですが、売る価格以上にノーマルパーツを手に入れる金額が高くついてしまうので、無理して手に入れる必要はないと思います。

 

まとめ

「カスタム時にはなるべくノーマルパーツを残しておくくらいでいい」

ノーマルパーツはバイクを売るときにはあったほうがいいです。

 

自宅などにノーマルパーツを保管している可能性がある場合は必ず一通り探すようにしましょう。

 

ノーマルパーツがない場合は、無理をして入手せずにそのままの状態で売るのがいいと思います。わざわざ買ってまで高くは売れません。

 

自宅に保管場所がまったくない場合はしかたありませんが、バイクをカスタムした場合は、できるだけノーマルパーツは売ったり、廃棄したりはせずに持っておくといいでしょう。

 

引き続きよく見られている記事

-売却時のQ&A

© 2020 ドラスタナビ【ドラッグスター専門情報サイト】